IT業界のこれから

これまでも、驚くべきスピードで発展してきたIT技術や企業の今後の動向から目が離せません。特に、世界的に盛況となっているIT業界は、もう国内だけのビジネス動向を見ていたのでは話になりません。必然的にグローバル化は避けられなくなります。東証一部上場しているIT企業のうち、半数が世界進出しているか、またその予定があるとなっています。

特に製造業の海外進出の割合が目立っており、これから予定があるとしたのはサービスや商社、流通などが多いです。また、国内では少子化などで労働力の低下が避けられない状況があるので、海外へ事業を展開し、優秀な海外の人材も確保しなくては明るい未来はありえません。

しかし、海外へ進出するための人員が不足している、ということも企業の悩みの一つになっています。単純に英語ができる人がいないことや、現地のスタッフとの橋渡し役がおらず、うまくコミュニケーションを取れないということがあります。
そういった人材を確保するために、企業同士での争いや、技術部門の人間にそうなってもらおうと海外へのワーキングホリデーや語学留学を積極的に進めているところもあります。社員も、自分のスキルやキャリアアップのために海外へ働きに行く人も増えています。

このように、企業も働く人間もグローバル化に向けて動き出しているのです。今後はさらにこういった人材を欲しがる企業も増えて、ITに関するスキルだけでなく、語学力やコミュニケーション能力が重視されるようになるのかもしれません。
ただ懸念されるのは、優秀な人材はやはり独立を考えるのではということです。
もちろん、日本のIT社会のためには優秀な人材が増えるにこしたことはありません。

企業にとっては大規模案件・高額案件に参加できる人材の確保が課題となり、エンジニアにとってはますます自身のキャリアップが課題となる時代になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です